酒井やすゆきの理念-温故知新

酒井やすゆきの理念酒井やすゆきの理念「温故知新」

酒井やすゆきの

故きを温ねて新しきを知る。過去の歴史に学びながら、新たな道理や知識を見出し、自分のものとすることです。

私は刈谷市議会議員1期、愛知県議会議員3期を務めてきましたが、その頃から一貫して私が大切にしている政治信条こそ「温故知新」であります。

これまでの私の政治経験においても、パフォーマンスに走りがちになっている政治と対峙してきました。私は、そういう政治ではなくて、国民の声をしっかりと聴くために現場主義の姿勢のもと、過去の経験などを十分に認識した上で、言葉だけでなく、汗をかく政治、地道な努力を積み上げる信頼ある政治を実践してきました。そうした中において、互いに気脈を通じて物事を行う、「呼應(こおう)」を生み出すことこそ、私が目指す政治のあるべき姿です。

これから私自身、この温故知新の理念の下、日本が、再び世界の中で自信と誇りを取り戻し“ジャパン復活”と、夢、希望を持てる将来へ向け、個を捨て、国家のために働くべく、国民の皆さんの声を国政へ届けるため日々精進していく覚悟です。